中央区銀座の相続遺言なら銀座ブロード法律事務所へ
HOME>業務案内

遺言作成

自筆証書遺言について
自筆証書遺言についてのイメージ写真

遺言書の全文、日付および氏名を自筆し、これに押印することによって作成します。もっとも簡単ですが、方式を満たさないと無効になるので注意を要します。なお、相続が開始した後、家庭裁判所で封を開け、検認という作業が必要になります。封印のある遺言書を勝手に開けてはいけません。
遺言書の全文、日付および氏名を自筆し、これに押印することによって作成します。もっとも簡単ですが、方式を満たさないと無効になるので注意を要します。なお、相続が開始した後、家庭裁判所で封を開け、検認という作業が必要になります。封印のある遺言書を勝手に開けてはいけません。

自筆証書遺言の必要書類
書類 目的
1.ご本人の戸籍謄本 相続人を調査するため
2.ご本人の住民票 氏名・住所を確認するため
3.ご本人の印鑑証明書 遺言書に添付するため
4.財産がわかるもの 遺言書に記載するため
5.不動産の謄本 遺言書に記載するため
遺言書をつくるメリット
遺言書をつくるメリットのイメージ写真
相続争いを未然に防ぐ

遺産の分け方について本人の意思がハッキリするため、遺族間での争いを未然に防げます。

相続の手続きを簡単に

不動産の名義書換などの手続きが簡素化され、遺族の手間が省けます。

財産をしっかり残す

大切な財産を誰に残すのか指定が可能です。

希望をかなえる

葬儀の方法やお墓の指定、子どもの認知、親しい人へのお礼などの希望が叶えられます。

遺言書作成例
項目
1.特定の人に財産をあげたい 全財産を永年世話をしてくれた長女にあげたい
2.相続させたくない身内がいる 行方不明の家族や前妻の子とのトラブルを回避したい
3.お世話になった人にお礼がしたい 共に暮らした内縁の妻に財産をあげたい
4.事業を子どもに承継させたい 自分の会社を一緒に頑張った長男に譲りたい
5.未成年の子どもに後見人を指定したい 幼い子どもの面倒を後見人に託したい
6.配偶者の将来が心配 子どもがいないので全財産を妻にあげたい
7.婚姻外の子どもを認知したい 生前認知できなかった子どもにも財産をあげたい
8.葬儀やお墓について希望がある 葬儀は簡素に、遺骨は海に散骨してほしい
9.献体や臓器提供をしたい 自分の身体を困っている人に役立てて欲しい
10.ペットの面倒をみてほしい ペットの面倒を見てくれる人に財産の一部を遺贈したい
遺言書の種類
自筆証書遺言とは

遺言書の全文、日付および氏名を自筆し、これに押印することによって作成します。
もっとも簡単ですが、方式を満たさないと無効になるので注意を要します。

公正証書遺言とは

遺言者の意思に基づいて公証人が遺言書を作成し、原本を公証役場に保管します。
また、証人が2人以上必要であったり、公正証書を作成するのに費用がかかる難点もあります。

公正証書遺言について

公証人によって、作成されますが、以下の要件を満たす必要があります。

  • 証人2人以上の立会いがあること
  • 公証人に対する遺言者の口授があること
  • 公証人の筆記および読み聞かせまたは閲覧があること
  • 遺言者および証人の署名・押印があること
  • 公証人の付記・署名があること

公正証書遺言の場合は、検認は必要ありません。
証人は、公証役場に頼めば、用意してくれます。
一番、確実な遺言の方式ですが、公証人に支払う報酬が発生します。

公正証書遺言の必要書類
書類 目的
1.ご本人の戸籍謄本 相続人を調査するため
2.ご本人の住民票 氏名・住所を確認するため
3.ご本人の印鑑証明書 遺言書に添付するため
4.相続人(受遺者)の資料 遺言書に記載するため
5.証人の印鑑証明書 証人の身分を証するため
6.財産がわかるもの 遺言書に記載するため
7.不動産の謄本 遺言書に記載するため

※必要書類はお客様の事案により異なりますので、ご相談時に改めてご案内いたします。

その他注意点

いずれの方式の遺言書であっても、後から書き換えた遺言書が有効になります。つまり、いつでも遺言の内容を書き換えることができます。特定の相続人の相続分とゼロとする遺言も可能ですが、遺留分権利者の場合、遺留分減殺請求をして、裁判で争うことになってしまうこともあり得るので、少なくとも遺留分は相続させた方がいいと思われます。

よくある質問 報酬・料金