中央区銀座の相続遺言なら銀座ブロード法律事務所へ
HOME>業務案内

| 相続について |

相続順位
民法は、相続人として、血族相続人と配偶者相続人を定めています(法定相続人)。
配偶者相続人は、常に相続人となりますが、血族相続人については、順位を定め、上
位順位の者のみが相続人となります。

1.血族相続人
第1順位相続人
代襲相続人である直系卑属
①子は実子・養子を問わない
②養子の連れ子は養親の直系卑属でない
第2順位相続人  直系尊属 直系尊属の中で、親等の近い者が上位順位
第3順位相続人 兄弟姉妹  ①父母いずれかが共通
②実子・養子間も兄弟姉妹


2.配偶者相続人
配偶者は、常に相続人です。内縁の夫または妻は配偶者ではないため、相続人になり得ません。他方、別居状態が長年続き、形だけの婚姻関係があるに過ぎない場合でも配偶者として相続人になります。