中央区銀座の相続遺言なら銀座ブロード法律事務所へ
HOME>業務案内

| 遺言作成 |

その他注意点

いずれの方式の遺言書であっても、後から書き換えた遺言書が有効になります。つまり、いつでも遺言の内容を書き換えることができます。特定の相続人の相続分とゼロとする遺言も可能ですが、遺留分権利者の場合、遺留分減殺請求をして、裁判で争うことになってしまうこともあり得るので、少なくとも遺留分は相続させた方がいいと思われます。

よくある質問 報酬・料金