中央区銀座の相続遺言なら銀座ブロード法律事務所へ
HOME>業務案内

| 相続について |

特別受益について
1.特別受益とは
共同相続人のうち、被相続人から遺贈を受けたり、生前に贈与を受けたりした者がいた場合に、遺産分割に際して、計算上贈与を相続財産に持ち戻して、相続分を算定するものです。

2.特別受益の争い
特別受益についての相続人間で争いは、遺産分割調停・審判の場で、判断されます。
特別受益に関する争いは、典型的には、子供のうち、誰が親から特別扱いされたかという争いであり、感情論が入り交じった争いに発展することも多く、遺産分割手続が長期化する原因ともなります。
裁判所は、遺産の前渡しと評価できるような贈与かどうかで特別受益かどうか判断し、さらに、特別受益に該当すると判断されても、被相続人の持戻し免除の意思表示(黙示を含む)を認定する場合もあるかと思います。
実際に、特別受益が問題になるとき、思い込みで判断せず、専門家の意見を聞くべきかと思います。

3.具体的相続分の算定方法
特別受益が認められると、相続開始時に現存する相続財産の価額に、相続人が受けた生前贈与の価額(相続開始時の評価)を加算し、「みなし相続財産」を確定し、それに各自の法定相続分を乗じて各相続人の相続分(一応の相続分)を算定し、そこから特別受益者については遺贈又は贈与の価額を控除して、各相続人の具体的相続分を算定します。