中央区銀座の相続遺言なら銀座ブロード法律事務所へ
HOME>業務案内

| 相続について |

遺留分について

遺留分を主張できる割合例

遺留分を主張できる割合例の図


遺留分は、被相続人の財産のうち、法律上その取得が一定の相続人に留保されていて、被相続人による自由(贈与・遺贈)に制限が加えられている持分的割合を言います。

遺留分の主張は、遺留分減殺請求権を行使することで、被相続人が行った受遺者や受贈者に対する処分行為の効力を一部奪うことにより、実現することができます。
自分の遺留分が侵害され、それに不服な場合、まずは、遺留分減殺の意思表示をしておかなくてはなりません(行使の期間制限があります)。

遺留分減殺請求に関する紛争は、訴訟事項ですから、遺産分割調停・審判という手続は、原則利用できません。遺留分侵害額の算定、減殺の順序、減殺の相手が誰になるか、財産の分割手続は共有物分割請求になる場合があること等、複雑な問題が絡みます。そこで、弁護士に相談ないし依頼して手続をすることをお勧めします。